ブログ

サマーウォーズを観に行った


歩くだけで汗が流れる真昼にサマーウォーズを観に行った。夏休みのアニメなので当然のごとく学生が多かったのだが、この映画はすべての年代が見るべき娯楽大作としてお勧めしたい。その理由は3つある。

 

1:誰もが理解できる家族の物語であること

日本人の大多数は都市部以外をオリジンとしており、そこでは大家族システムがいまだに生きている。この映画は田舎を舞台に大家族が協力して問題解決に挑む話で、それはどこにでもある家族の問題でもあり、どんな年代の観客でも理解ができるように作られている。

 

2:全ての登場人物が生きていること

20人を超えるキャラクターが出てくる物語なのだが、一人一人のバックグラウンドがていねいに作られていて、各人の行動にそれぞれの動機がある。これはドラマを動かす際にとても重要なファクターなのだ。マンガが原作だとなかなかこうはいかないと思う。アニメーションによる芝居もリアルで、安心して見ることができる。

 

3:映画としてのアイデアに満ちていること

登場人物のひとりひとりが与えられた役割を過不足なく全うできるようキレイにプログラミングされているので、ストーリーの中で「無駄」や「緩み」がない。さらには緊張感高まる場面でギャグを飛ばしたり、2つの異なった出来事をシンクロさせる編集的テクニックを用いるなど、観客を飽きさせない工夫に満ちている。

 

大家族が集まるといえばお盆。この映画の舞台も8月1日からの数日となれば、今観に行って、夏の盛りに公開した監督の意図とシンクロすべきでしょうね。僕としては、大人にこそ楽しんでもらいたい。お盆前に、是非。

 

サマーウォーズ公式サイト

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 復帰のご報告
  2. ガリ☆ナイト2018「STAR☆CANTINA」のお知らせ
  3. 今作っているもの。それはSTAR☆TABLE。果たして未来の宇宙開拓士たちはこの…
  4. 世田谷区代田 M邸を訪問
  5. オスプレイが翔ぶ!そして舞う!衝撃の横田基地日米友好祭2018に行ってきました。…

関連記事

  1. ブログ

    【速報】2005年カンヌ広告祭受賞作発表!

    今年のカンヌ広告祭において昨日土曜日、すべての受賞作が発表になりま…

  2. ブログ

    東京ゼセッション

    いつも思うんだけどこの地下鉄の空調塔のデザイン、オットー・ワグナーっ…

  3. ブログ

    「学校教育は創造性を殺してしまっている」

    皆さんTEDはご存知ですか?これは様々な知識人が『ideas wort…

  4. グルメ

    ベトナムフェスに行って来ました。

    9月の15日、16日に代々木公園で開催されているベトナムフェスティバル…

  5. ブログ

    インベーダー祭り

    最近なんだかやらないといけない事が多くてなかなか広告について話…

  6. ブログ

    バーコードの横断歩道

    ブラジルはクリチバのショッピングモールによるアンビエント広告事例。…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. TVC

    TVC151 Cadbury / Brand / Piñata
  2. ブログ

    明和電機20周年ライブin赤坂BLITZ
  3. Short Film

    TVC162 Wilkinson Sword / Brand / Swordpl…
  4. ブログ

    Amanita Design
  5. ブログ

    iPad発売!
PAGE TOP