TVC

TVC119 P&G / Replay / Replay your fragrance!


僕が大好きなCG会社PSYOPが最近担当したREPLAYの香水のTVCをご紹介。REPLAYはイタリアのカジュアルブランドですが、この香水はP&Gプレスティッジがクライアントとなってますね。ではちょいと解説してみましょう。


ボーっと観てるだけだと『絵の具の滲みをCGで再現した美しい映像』という程度の事しかわかりませんが、実はコレすごいんです。CMを見終わると「絵の具の滲み」と「若い男女の恋愛」のイメージが、脳に染みこむように記録されてるのがわかります。音楽の力で時代性と強いエモーションも不可されてます。そしてこの全体を貫くアートディレクションは、実にしっかりとパッケージデザインに落ちるようになってます。

商品の写真はコレですね。

200911142134.jpg

上のTVCと比べてください。ほぼほぼ、同じですね。
平面広告のビジュアルはこうです。

200911142204.jpg

CMと平面広告と商品がひとつの世界を作っているのがおわかりでしょうか。ここまで濃厚な世界観が描かれていれば、店頭で商品を見た時に脳内で映像が再生される確立は高い。マーケティング的にはそこが狙いですね。販促ツールとしてよく出来てます。ところでコレ、パッケージをデザインした所と制作代理店はいっしょなのかなぁ。

僕はよく面白い広告が好きだと言ってますが、こういうキチッとアートディレクションされた広告も、すごく面白いと思ってます。

でもCMアイデアカテゴリとしての分類は難しいですね。絵の具が動いているということで「ありえない映像をリアルに作る」と「擬人化する」といえますが、基本は商品パッケージのビジュアル化およびストーリー制作がアイデアのコアですね。制作代理店はargonauten G2、サイトがないのでわかりませんが、ベルリンにある代理店のようです。

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 復帰のご報告
  2. 低コレステロール版『北海道フェアin代々木』の楽しみ方
  3. TVC163 象印マホービン / 炎舞炊き / 炎の舞
  4. 世田谷区代田 M邸を訪問
  5. 今作っているもの。それはSTAR☆TABLE。果たして未来の宇宙開拓士たちはこの…

関連記事

  1. galliano

    TVC

    TVC069 アディダス / adicolor / 「ピンク」

    様々な色を美しく見せるために最初にすべき事は、純白の下地を…

  2. TVC

    TVC155 Japanese Advertising’s Best Kept Secr…

    才能ある後輩松村くんの仕事をご紹介。CMのブランドは、最後まで見て…

  3. TVC

    TVC138 The Capital Transit Network / Brand / Sad M…

    日本のCMプランナーはよく「15秒じゃ短すぎるよ!やっぱり長い尺が仕え…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    進撃の巨人の実写映画版ポスターが凄すぎる!
  2. ブログ

    進撃の巨人+サザエさんコラボ
  3. ブログ

    見たことがない9分間の映像。
  4. ブログ

    Baby Doll The Party
  5. ブログ

    香港レポート#4 「香港でちょっと考えました。」
PAGE TOP