ブログ

Kindle Fire HDを触りましたっ!


皆さん、これがKindle Fire HDです。同僚がヤフオクで入手したものを触らせてもらいました。その感想はというと…

まず当然ながら小さくて軽い。でも7インチ画面の大きさは充分です。ビジネスクラスの席と席の間から出てくるモニターの、ジャストあのサイズ、と言えばわかる人にはわかるかな。って言い方がイヤラシいですね。すみません。

要はビジュアルコンテンツを楽しむのに腹が立たない最低限充分なサイズなんです。感動する映画を見れば、ちゃんと感動できるサイズ。しかも解像度は、ちゃんとHD。タッチに反応するスピードも早い。2万円のandroidマシンにはとても思えません。

後ろから見てみましょう。スピーカーがちゃんとステレオになっているのがエライ。黒い帯の両端にスリット状の開口部があるのが見えますか?ここがスピーカーです。横にして見る事を重視しているデザインですね。

画面、触り心地、スピードなど、実際に触って見るとすぐわかるのですが、これは2万円レベルの製品ではありません。ハードウェアの値段で儲けようとしているのではない。では何で利益を得ようとしているかというと、そりゃ画面の向こうに広がるデジタルコンテンツですね。Kindleといっても本だけじゃない。そこで得られる利益を計算にいれた値付けであることは間違いありません。

なんというか、ハードウェアとしての製品だけを供給している『メーカー』という分類が、なかなか難しい時代に突入したのかも知れませんね。いや突入してから久しいというか。あとはモゴモゴ。以下略。ではまた次回。

競合であるGoogle Nexus7を触った記事はこちら。

Posted from するぷろ for iPhone.

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. オスプレイが翔ぶ!そして舞う!衝撃の横田基地日米友好祭2018に行ってきました。…
  2. 復帰のご報告
  3. 週末は芸術に染まる。
  4. お弁当マンガがLEON.JPに掲載されました
  5. ガリ☆ナイト2018「STAR☆CANTINA」のお知らせ

関連記事

  1. ブログ

    Poladroid導入

    写真データをドラッグ&ドロップする事でポラロイド風の写真に仕上が…

  2. アニメーション

    マクロスの河森正治監督が語る「アニメーション監督という職業」

    マクロスのバルキリーをデザインし、今はアニメーション監督として活躍され…

  3. ブログ

    Make: Tokyo Meeting 03

    雑誌「Make:&#12…

  4. ブログ

    Tokyo Photo 2010に行ってきました。

    菅付雅信さん(リバティーンズ編集長)とジェイムズ・ダンジガーさん(…

  5. ブログ

    フジのカメラ&#…

    富士フィ&#1…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    『商店街ポスター展』にPRの未来を見る。
  2. TVC

    TVC141 BERNAS / Hari Raya 2012 / The J…
  3. Short Film

    VIDEOGIOCO
  4. アート

    藝大の卒展で気になった作品達を勝手に判ろうとするメモ。
  5. ブログ

    退職と新会社設立のご挨拶
PAGE TOP