アート

写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。


この年末、千葉市美術館で開催された「目 非常にはっきりとわからない」展に行ってきた。展示部分は写真撮影不可だったがスケッチは可ということで、世にも不思議な展示を絵で再構成してみようと思う。

「目 非常にはっきりとわからない」展 イメージビデオ

まずは1階の展示から。美術品を梱包した箱や布が並び、展示準備中のまま放置されたような雑然とした空間。何だろうこれは。とりあえず絵を描いてみる。

「展示は7階と8階、どちらからご覧になっても大丈夫です」ということでまずは7階を鑑賞。

このフロアも作品設置中の感じで、梱包されたまま中身が見えない作品が並ぶ。観客は何の展示を見れば良いのかわからず、皆夢遊病のように会場の中をさまよっている。

絵の茶色部分は通路として敷かれたベニヤ板。真ん中は呆然としている観客だ。

別の部屋でやっと作品らしい作品を発見。数千の時計が雲のように浮かび、どれも現在時刻を指している。そばには作業机と整備中の時計ユニットが放置されているが、観客以外は誰もいない。

ふと、乗組員が消えたまま発見されたメアリー・セレスト号を思い出す。この中途で放置された空間は何かの不在を表現しているのか?わからない。

突然時計の作品がカーテンで閉ざされ、掃除が始まった。2人のスタッフらしき人が作業を開始し、観客も何が起きるのだろうかと見守っている。梱包物をチェックし、足場の移動も始まった。

なるほど、そうか、これは会期全体の時間をかけて展覧会を仕上げていくという展示なのだ。そうに違いない。

続いて8階に移動。

この階もまた全体が養生に包まれており、展示の間取りも7階とよく似ている。と、最初見た部屋と全く同じ部屋に来てしまった。おかしい。8階に来たつもりが、実際は7階から移動していなかったのだろうか。

時計があった部屋に行ってみると、やはり7階と同じく数千の時計が浮かんでいた。ここは何階なんだ

自分がどこにいるのかがわからず、脳をぎゅっとひねられたような不思議な感覚になる。足元が揺らぎ、体の内側に不安が湧き出てくる

そうだ、7階では展示作業が進んでいたぞ。きっと7階と8階をゆっくり交互に仕上げて行くんだ。そうに違いない。

しかし7階に戻ってみると、スタッフの姿は消えていた。そして意外なことに、部屋は作業が進むことなく、最初の状態に戻っていた

作業していたスタッフは働いているように見せながら、一度移動させたものを再び元に戻していたのだ。そしてこの展示は、同じ状態を保ったまま進行することなく最後まで完成しないのだ。

これは展示と呼べるのか。非常にはっきりと、よくわからない。…別の部屋では別のスタッフがよく似た動作を開始していた。

となると、こう考えるしかないだろう。「目 非常にはっきりとわからない」展の真の展示作品とは、時々登場し、同じ作業を繰り返すスタッフのことではないか。7階と8階に用意された梱包や養生、数千の時計などのわずかに見える作品は、周到に用意された彼らの背景、絵で言えば非常にクラフト力の高い額縁とでも言えば良いのか。

だとすると、彼らスタッフは表現そのものを支える画材として永遠の時間を生き続けるのだろう。同時に作家は我々に問いかける。「その目を疑え」と。

以上、「目 非常にはっきりとわからない」展を絵で再構成してみた。私が現場で感じた戸惑いと、わからなさとの奮闘を共有いただければ幸いである。

わからないとわかるの間を行き来した時間はパズルを解くような興奮があり、個人的にはとても充実した時間だった。思わず1万円のポスターを購入してしまった。そのうちの9500円は目の活動資金に使われるそうだ。

「スケーパー」と呼ばれるスタッフ役の方々のインタビューはこちら。展示の副読本としてぜひ>https://bit.ly/35qz3eN

目についてはあまり知らなかったのだが、ぜひ今後の動きに注目して行きたいと思う。次回の展示「まさゆめ」サイトはこちら>https://masayume.mouthplustwo.me/

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 1,617

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。
  2. マンガ『広告亭日乗 #004 夫の趣味』
  3. 世田谷区代田 M邸を訪問
  4. 今作っているもの。それはSTAR☆TABLE。果たして未来の宇宙開拓士たちはこの…
  5. 令和時計

関連記事

  1. 広告事例

    シャネル「モバイルアート」を訪問する。

    今年2月の香港から始まった、シャネル「モバイルアート」。そ…

  2. ブログ

    伊豆のリヴィエラ

    遅い夏休みを南伊豆で過ごしました。逃避行するための気持ちの良いビー…

  3. ブログ

    こどじ・ルバロン・WOW・ashes and snow

    某月某日ゴールデン街のバー「こどじ」で友人のカメラマン「ねぎぼう…

  4. ブログ

    CR宇宙戦艦ヤマト2のサイトがスゴイ。

    最近のパチンコはターゲットの照準を30代〜40代に絞ったタイトルを続々…

  5. ブログ

    ヴィンテージ原付に乗り続けるということ

    東本昌平RIDE83 (Motor Magazine Mook)pos…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. 広告事例

    GRAND PRIX – LIONS HEALTH #CannesL…
  2. ブログ

    UPDATE!!【12/16 GRAND GALLI☆NIGHT】
  3. ブログ

    UOMO 9月号に載りました。
  4. Short Film

    The Way Things Go / Fischli&Weiss…
  5. ブログ

    Weekend Project: iPhone Screen Repair
PAGE TOP