TVC

TVC093 Finnish railroad company / Brand / Monumental Environment Congress


エコ広告はたいてい真面目でつまらんモノが多いのですが、ここではそうではないCMをご紹介。(最初の20秒ほどは海外広告賞応募用の企画説明ビデオですね。これについては後ほど解説)

ローマのコロッシアムで開かれているのは、世界の石像達による環境会議。自由の女神が出現し、パリのノートルダム寺院にいるガーゴイル達も集まっています。

小便小僧「みんな落ち着け!座れ!」

ミロのビーナス「環境汚染は私たちを破壊してしまう!」

男性の像「世界は洪水に見舞われるだろう!」

女性の像「しかしどうしてアナタはキレイなの? 何が秘訣なの?」

ストーンマン「ノー。トレーニア、トレーニア(フィンランド語でトレーニングの意味)、ただトレインするだけだよ」

考える人「素晴らしいアイデアだ!トレイン(電車)!」

小便小僧「電車!素晴らしいアイデアだ

コピー「電車はなんでもシンプルに解決する(Train, It’s that simple.)」

とてもシンプルなアイデアで、良い感じに肩の力が抜けた仕上がり。コピーもいい。thatというコトバがこれからのキャンペーンの広がりを示してますね。

最初のビデオ説明にもありますが、CM内でキレイな大理石肌を保っているストーンマンとはヘルシンキ駅の入り口横に立っている4体の石像のことで、フィンランドの国営鉄道VRの象徴でもあるそうで。誤解とはいえ、ストーンマンのコトバが皆の強い同意を得たというストーリー展開は、『エコはフィンランドから』というメッセージにもなっています。これはお堅いクライアントもなかなか「No」と言えない案だったのではないでしょうか。ランプを持つポーズが「トレーニング」であるという隠されたオチもフィンランド人には相当響いたのではないかと。かちっと合わさったパズルのような美しいCMです。

アイデアカテゴリは「あり得ない映像をリアルに作る」「擬人化」、電車を使う事で世界の石像達が喜ぶという、電鉄サービスの「意外な利用方法」の3つとしましょーかね。

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。
  2. 令和時計
  3. マンガ『広告亭日乗 #006 ニャーグルホーム』
  4. PalmBeatがNYADCとONE SHOWを受賞!
  5. 週末は芸術に染まる。

関連記事

  1. John Lewis The Long Wait Christmas 2011

    TVC

    TVC134 John Lewis / Brand / The Long Wait

    ここ数年名作CMを連発しまくってる英国のデパートJohn Lewisが…

  2. TVC

    TVC116 T.Rowe Price / Brand / Ink

    T.Rowe Price "Ink" from PSYOP on V…

  3. TVC

    TVC017 スパイシーモスキート in tabasco.com

    TVC017:"mosquito"for TABASCO, Mc…

  4. TVC

    TVC119 P&G / Replay / Replay your fragrance!

    僕が大好きなCG会社PSYOPが最近担当したREPLAYの香水のT…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. アニメーション

    世界で一番小さなアニメキャラ「Dot.」
  2. TVC

    TVC140 Andes Beer / Brand / A Singular M…
  3. ブログ

    復活の日・序曲
  4. ブログ

    サグラダファミリアのプロジェクションマッピングも凄いんです。
  5. ブログ

    Goods Press 2010年 02月号に取材記事掲載!
PAGE TOP