ブログ

シトロエン2CV


24507324 68毎度毎度の香港media誌から依頼を受けまして、

今回はデザインについてのコラムを書きました。

この連載コラム「DESIGN CHOICE」では 、

毎号アジアのクリエーター達が

自分の好きなデザインを選んで解説しています。

僕のコラムが掲載されているmedia誌7月1日発売号は

現在アジア各国で絶賛発売中です!

◆以下に記事の日本語訳が続きます。

シトロエン2CV

80年代の終わりに美術大学の学生だった僕は、

東京でシトロエン2CVに乗っていた。

当時フランスに行ったこともなかった僕が

なぜこの車に興味を持ったかというと、

ある雑誌に世界で一番poorな車と

紹介されていたことに興味を持ったからだ。

別名「醜いアヒルの子」とも呼ばれていた2CVは、

しかし乗ってみるとpoorどころか、

哲学的にもデザイン的にも素晴らしくrichな車だった。

1940年代、戦禍が続くフランスで

この車がデザインされた目的は

「安く製造できて、丈夫で、かつ快適であること」。

エンジンは2気筒しかない。だからシンプルで壊れない。

屋根が布なのはファッションのためではなく、

鉄板より安いから。

窓の開き方も独特なら、シフトレバーの場所も独特。

でも慣れると使いやすい。

2CVは全てが変なのに、全てが理にかなっていた。

そしてどんな制約からも自由だった。

「ある目的を達成しろ。その手法は独創的であれ。

 ただし誰にとっても理解しやすく、

 使いやすいものでなくてはならない。」

僕にとってのデザイン哲学はそういうもので、

これらは全て2CVが無言のうちに教えてくれた。

そう、「醜いアヒルの子」は僕にとっての走る哲学教室であり、

今は僕の心の中で白鳥となって高い空を舞っているのだ。

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 復帰のご報告
  2. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。
  3. オスプレイが翔ぶ!そして舞う!衝撃の横田基地日米友好祭2018に行ってきました。…
  4. えっ、帝国のテーマ日本語版っていくつもあるの?
  5. 令和時計

関連記事

  1. ブログ

    Climbling Attack to Fuji-san

    先週の土日の話なんですが、人生2度目の富士登山に行ってきました。20…

  2. グルメ

    東京ベジフードフェスタに行って来ました!

    9月の『ベトナムフェスティバル』、10月アタマの『北海道フェアin代々…

  3. ブログ

    iPad、デビューӍ…

    アッ&#1250…

  4. ブログ

    謹賀新年2020

    明けましておめでとうございます。昨年は第二種電気工事…

  5. ブログ

    JUICE SALON

    こりゃ面白い!一度見たら忘れられないOOH広告ですね!「JUICE…

  6. ブログ

    【速報】2005年カンヌ広告祭受賞作発表!

    今年のカンヌ広告祭において昨日土曜日、すべての受賞作が発表になりま…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. galliano

    ブログ

    今週の衝動買い
  2. TVC

    TVC041 チャンネルV / 企業 / 「ダンススペース」
  3. ブログ

    スパイクス2012、シンガポールで開催中
  4. TVC

    TVC093 Finnish railroad company / Brand …
  5. ブログ

    Porsche Panamera DM
PAGE TOP