galliano

ブログ

『バベル』を観る。


アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品、『バベル』を観る。

『バベル』オフィシャルホームページ

現代の世界を155分のフィルムという形式で比喩的に記述しようという壮大な計画にほぼ成功した、大きな存在感を持つ映画。ディスコミニュケーションに満ちあふれた世界の中に垣間見える「思いやり」や「絆」を映画メッセージの核としており、未来世界への明るい展望を抱かせるような展開となっている。

ただしストーリー展開は、物語的というよりは寓話的であり、わたくしにとっては事件性が低いと言わざるを得なかった。映画の登場人物それぞれが持つべき『動機』が弱かったのだ。偶発的に発生する事件に『対処』しているばかり、のように思えたのだ。

それは時にストーリーを前に進めるパワーの欠如を生みだした。簡単に言うと時々退屈したって事なんですが。というわけで『バベル』は、それぞれの登場人物には強い共感を覚えるし、先が読めない緊張感はあるのだが、わたくしの望む『時間のサスペンス』としての映画力が少々足りなかった。

この映画は見てスカッともしないし興奮もしないし明るくなるわけでもない。ただ「私たちの住む世界の現在ってこんな感じにシンドイですね」と、つぶやくように、静かに佇んでいる映画である。絵画的であり、寓話的であり、主題の核は現代文学的でもある。

そして現代文学や寓話とは、現代が抱える病理に鈍感な人間にはとても退屈なものである。この映画に少し退屈を感じたわたくしは、どうやら現代の病理にはあまり頓着していないらしい。そういう結論に落ち着き、わたくしは自分に足りないモノになんとなく気づき、40年の人生に疑問を持ち、少々落ち込んだのであった。

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 退職と新会社設立のご挨拶
  2. お弁当マンガがLEON.JPに掲載されました
  3. 週末は芸術に染まる。
  4. PalmBeatがNYADCとONE SHOWを受賞!
  5. TVC163 象印マホービン / 炎舞炊き / 炎の舞

関連記事

  1. ブログ

    捨てられた子供

    今日は感動したDMの一例をご紹介。広告元は捨てられた子どもを支援する…

  2. ブログ

    クリス・ハドフィールドISS船長、宇宙にてデビッド・ボウイを熱唱。

    ISS国際宇宙ステーションのクリス・ハドフィールド船長がデビッド・ボウ…

  3. galliano

    ブログ

    ガリネタ20120926『iOS6の地図アプリは意外とスゴい』

    アップデートしてみたけど、実はあまりわかっていないiOS6の新機能をい…

  4. 広告事例

    AKQAのクリスマス映像

    サンフランシスコに拠点をおくインタラクティブエージェンシーAK…

  5. ブログ

    帝国軍がエンタープライズ号を破壊!

    4年ほど前にデス・スターがエンタープライズ号を破壊する短い映像が話題に…

  6. galliano

    ブログ

    galliano氏、初の高校生向け講義終わる

    社会でプロフェッショナルとして活動している人間が、講師として高校一年生…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. TVC

    TVC146 Coca-Cola / Burn / (Title Unknown…
  2. ブログ

    スターバックス
  3. ブログ

    Seth Godin on the tribes we lead
  4. テクノロジー

    HBO Imagine
  5. John Lewis The Long Wait Christmas 2011

    TVC

    TVC134 John Lewis / Brand / The Long Wai…
PAGE TOP