galliano

ブログ

「一日一語!ワンポイント英会話」みたいな日々


仕事上、英語を使う機会がやたらと増えてきますた。そうすると困るのが「ほんのちょっとした一言」。たいしたことじゃないんだけど、どう言えば良いのかわからない。そんな時にネイティブ達が話す一言がリアルに身に染みるわけです。まぁ毎日が無料の英語教室みたいなもので。

たとえばイギリス人パートナーはトイレの事を「ルー」と言います。調べてみると、一般に上流階級の人はルー(loo)を、中流階級の人はラヴァトリー(lavatory)を、下流階級の人はトイレット(toilet)をそれぞれ使うそうです。彼も「トイレットと言うのはちょっと無粋なんだよなぁ」と言うてました。

あとくしゃみをした時にみんな「Excuse me」とか言うわけですが、そのあと周りの人が独り言のように「bless you」と言いますな。モニタから視線も外さず。そういうもんらしい。とりあえずマネしてます。

それから「彼女」というのは、ガールフレンドというよりはコンパニオンと言うみたいです。「和美って○○の彼女なんだよね」は「和美は○○のコンパニオンなんだよね」って言います。あれは夫婦でもそう言うのかなぁ。

まぁそんな「一日一語!ワンポイント英会話」みたいな日々を過ごしているわけですが、なんとなくさっき見つけたのが下の資料。アメリカでは学校内の人種を以下のように分けているらしい。英語の勉強になるねー。Pleaserなんて真実ズバリって感じで実にわかりやすい。ちなみに僕はGeekに属しているのでヒエラルキーのほぼ底辺です。

アメリカの学校社会での生徒階層図(ヒエラルキー上位順)

1)Jack&QeenBee(スポーツマン&女王)

2)Sidekicks(女王の仲間)、Pleaser(取り巻き)、Wannabe(ファン)

3)Messenger(パシリ)、Preps(文科系)、Slacker(怠け者、バカ)

4)Geek(オタク)、Goth(サブカル)、Brain(ガリ勉)、Others(その他)

5)Target(被害者)

階層外:Bad boys & girls(不良少年・少女)、The Floater(不思議少女)

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 復帰のご報告
  2. 週末は芸術に染まる。
  3. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。
  4. マンガ『広告亭日乗 #004 夫の趣味』
  5. ガリ☆ナイト2018「STAR☆CANTINA」のお知らせ

関連記事

  1. ブログ

    MacBook Pro Retina導入です。

    Apple初のインテルマシンとしてデビューした『MacBook Pro…

  2. ブログ

    ガリメモ20121110『クリス・アンダーソン来日!とFab系の話』

    今週の金曜日、米国版Wiredの編集長であり、書籍『フリー』でも著名な…

  3. ブログ

    Maker Faire 2012に行って来ました!

    先週の日曜日、日本科学未来館で開催されたMaker Faire 201…

  4. ブログ

    ガリネタ20121018『SFショートフィルム「TRUE SKIN」他』

    いや、ちょっと、このショートフィルムに感動しちゃいましたよ!これはまさ…

  5. ブログ

    エイプリルフール広告

    ええと、本日はいろんな所で大嘘がまかり通っているようでして。午前中は…

  6. グルメ

    東京ベジフードフェスタに行って来ました!

    9月の『ベトナムフェスティバル』、10月アタマの『北海道フェアin代々…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    Ctrl-V, Ctrl-X, Ctrl -Z
  2. ブログ

    Weekend Project: iPhone Screen Repair
  3. ブログ

    Radiohead on a Sinclair ZX Spectrum
  4. ブログ

    Kindleアプリで実際に本を読んでみる。
  5. ブログ

    ガリネタ20121104『iPad mini狂奏曲』
PAGE TOP