galliano

ブログ

「一日一語!ワンポイント英会話」みたいな日々


仕事上、英語を使う機会がやたらと増えてきますた。そうすると困るのが「ほんのちょっとした一言」。たいしたことじゃないんだけど、どう言えば良いのかわからない。そんな時にネイティブ達が話す一言がリアルに身に染みるわけです。まぁ毎日が無料の英語教室みたいなもので。

たとえばイギリス人パートナーはトイレの事を「ルー」と言います。調べてみると、一般に上流階級の人はルー(loo)を、中流階級の人はラヴァトリー(lavatory)を、下流階級の人はトイレット(toilet)をそれぞれ使うそうです。彼も「トイレットと言うのはちょっと無粋なんだよなぁ」と言うてました。

あとくしゃみをした時にみんな「Excuse me」とか言うわけですが、そのあと周りの人が独り言のように「bless you」と言いますな。モニタから視線も外さず。そういうもんらしい。とりあえずマネしてます。

それから「彼女」というのは、ガールフレンドというよりはコンパニオンと言うみたいです。「和美って○○の彼女なんだよね」は「和美は○○のコンパニオンなんだよね」って言います。あれは夫婦でもそう言うのかなぁ。

まぁそんな「一日一語!ワンポイント英会話」みたいな日々を過ごしているわけですが、なんとなくさっき見つけたのが下の資料。アメリカでは学校内の人種を以下のように分けているらしい。英語の勉強になるねー。Pleaserなんて真実ズバリって感じで実にわかりやすい。ちなみに僕はGeekに属しているのでヒエラルキーのほぼ底辺です。

アメリカの学校社会での生徒階層図(ヒエラルキー上位順)

1)Jack&QeenBee(スポーツマン&女王)

2)Sidekicks(女王の仲間)、Pleaser(取り巻き)、Wannabe(ファン)

3)Messenger(パシリ)、Preps(文科系)、Slacker(怠け者、バカ)

4)Geek(オタク)、Goth(サブカル)、Brain(ガリ勉)、Others(その他)

5)Target(被害者)

階層外:Bad boys & girls(不良少年・少女)、The Floater(不思議少女)

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 週末は芸術に染まる。
  2. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。
  3. PalmBeatがNYADCとONE SHOWを受賞!
  4. 世田谷区代田 M邸を訪問
  5. マンガ『広告亭日乗 #004 夫の趣味』

関連記事

  1. 建築

    世田谷区代田 M邸を訪問

    大学の同級生井手孝太郎くんが下北沢に設計した新しい住宅を訪問。都会に突…

  2. ブログ

    『C-1グランプリ』出題中です。

    今月1日発売の月刊「ブレーン」12月号『C-1グランプリ』ページにコピ…

  3. ブログ

    CEATEC JAPAN 2012に行って来ました。

    幕張メッセで開催されている最先端IT・エレクトロニクス総合展 CEAT…

  4. ブログ

    Tokyo Photo 2010に行ってきました。

    菅付雅信さん(リバティーンズ編集長)とジェイムズ・ダンジガーさん(…

  5. ブログ

    ナムコミュージアムDS

    あああああ、これは買う!!パックマンにギャラクシアンにゼビウス…

  6. ブログ

    伊豆のリヴィエラ

    遅い夏休みを南伊豆で過ごしました。逃避行するための気持ちの良いビー…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. galliano

    ブログ

    女らしさと男らしさ
  2. ブログ

    香港レポート#4 「香港でちょっと考えました。」
  3. ブログ

    Vidal Sassoon presents “LOUNGE GAL…
  4. TVC

    速報!カンヌ2006フィルム部門グランプリ
  5. ブログ

    TubeDubber
PAGE TOP