galliano

ブログ

「一日一語!ワンポイント英会話」みたいな日々


仕事上、英語を使う機会がやたらと増えてきますた。そうすると困るのが「ほんのちょっとした一言」。たいしたことじゃないんだけど、どう言えば良いのかわからない。そんな時にネイティブ達が話す一言がリアルに身に染みるわけです。まぁ毎日が無料の英語教室みたいなもので。

たとえばイギリス人パートナーはトイレの事を「ルー」と言います。調べてみると、一般に上流階級の人はルー(loo)を、中流階級の人はラヴァトリー(lavatory)を、下流階級の人はトイレット(toilet)をそれぞれ使うそうです。彼も「トイレットと言うのはちょっと無粋なんだよなぁ」と言うてました。

あとくしゃみをした時にみんな「Excuse me」とか言うわけですが、そのあと周りの人が独り言のように「bless you」と言いますな。モニタから視線も外さず。そういうもんらしい。とりあえずマネしてます。

それから「彼女」というのは、ガールフレンドというよりはコンパニオンと言うみたいです。「和美って○○の彼女なんだよね」は「和美は○○のコンパニオンなんだよね」って言います。あれは夫婦でもそう言うのかなぁ。

まぁそんな「一日一語!ワンポイント英会話」みたいな日々を過ごしているわけですが、なんとなくさっき見つけたのが下の資料。アメリカでは学校内の人種を以下のように分けているらしい。英語の勉強になるねー。Pleaserなんて真実ズバリって感じで実にわかりやすい。ちなみに僕はGeekに属しているのでヒエラルキーのほぼ底辺です。

アメリカの学校社会での生徒階層図(ヒエラルキー上位順)

1)Jack&QeenBee(スポーツマン&女王)

2)Sidekicks(女王の仲間)、Pleaser(取り巻き)、Wannabe(ファン)

3)Messenger(パシリ)、Preps(文科系)、Slacker(怠け者、バカ)

4)Geek(オタク)、Goth(サブカル)、Brain(ガリ勉)、Others(その他)

5)Target(被害者)

階層外:Bad boys & girls(不良少年・少女)、The Floater(不思議少女)

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. TVC163 象印マホービン / 炎舞炊き / 炎の舞
  2. オスプレイが翔ぶ!そして舞う!衝撃の横田基地日米友好祭2018に行ってきました。…
  3. えっ、帝国のテーマ日本語版っていくつもあるの?
  4. 世田谷区代田 M邸を訪問
  5. お弁当マンガがLEON.JPに掲載されました

関連記事

  1. ブログ

    Nuit Blanche Bruxelles

    キャン&#12…

  2. グルメ

    体験!東京スカイツリーハンバーグ!

    東京スカイツリーハンバーグという不思議な食べ物を体験してきました。…

  3. ブログ

    スーパーボウル2006

    去る2月5日の日曜日といえば、わたくしはだらだらと東急ハンズで買い物…

  4. ブログ

    きょうのはっけん

    最近、ずっと不思議だったんですよ。最近auから発売されたINFOB…

  5. galliano

    ブログ

    ガリネタ20121004『開脚女子ブーム+北川景子さん髪を切る+合掌、金子哲雄さん 他』

    中国で開脚女子がブームだとか。韓国では女の子がほっぺたを膨らますのが流…

  6. galliano

    ブログ

    galliano氏、初の高校生向け講義終わる

    社会でプロフェッショナルとして活動している人間が、講師として高校一年生…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    ACC受賞記念パーティー参加報告
  2. ブログ

    飛行機から落下したGoProの映像が凄いと話題なのですが
  3. ブログ

    テルミンを演奏するネコ
  4. ブログ

    Tokyo Photo 2010に行ってきました。
  5. ブログ

    シートベルトシューズ、搬入
PAGE TOP