アート

「みえないかかわり」イズマイル・バリー展に3回通ってしまった話


銀座メゾンエルメスの「フォーラム」で開催されている「みえないかかわり」イズマイル・バリー展が素晴らしすぎて、3回通ってしまった。

1度目は全体を見ただけで終了。しかし展示の意味がわかったようでわからず悶々とした日を過ごす。そのままでいるのも嫌なので、再び訪問。ここからいつものようにiPadでのメモ書きを開始。学芸員さんにもいろいろ話を聞いてみた。3度目も同様。

その現場メモをここに記します。かの有名なコピー「記憶は消える、記録は残る」ってやつですよ奥さん。

全体のテーマは「出現と消失」。目の前にはっきりと存在するように見えても、ふとしたきっかけで消え去る事象がある。時間も、映像も、記憶もしかり。

その映ろいと儚さが、ピンホールカメラの内部のような暗い空間で、ミニマムかつ鮮烈に表現されていた。

では、現場で記録したメモをご覧ください。

「出現 Apparition」

3分の映像作品である。

強い逆光の中で白トビしている紙。後ろに手をかざすと影の中に像が浮かび上がってくる。それはチュニジア独立記念日の風景。撮影されたのは1956年、当時まだ生まれていなかった作家が父から譲り受けた写真である。

画像の出現と消滅を繰り返す作家の手の動きが、父親の記憶とエモーショナルにつながっている。

「ボールの跡 Ball Trace」 

砂浜に残った軌跡は波が来ると何事もなかったかのように消えてしまう。そんな誰もが覚えている切ない風景を描写するため、ボールが転がった跡を砂の上に描く。波にかき消される直前の瞬間を表現しているのだろうか。

儚く危うい、若い日の記憶を留める作品。 眺めていると涙が出そうになる。

作品に使われたボールがエレベーター裏に展示されている。これは作家の実家の物置にあったもの。年代を感じさせる汚れは子供時代の記憶とつながっているのだろうか。

ちょっと探さないとわからない場所にあるが注目である。

「みえないかかわり Invisible Concern」 

本展覧会の表題作。見落としそうな部屋の片隅に展示してある。ビデオカメラに撮影されているのは黒い板。上に乗ったゲル状の液体が太い線を描く。

壁の細長い窓に液晶文字が流れ、その様が液体に反射している。

撮影された映像はプロジェクタで壁に投影される。流れる文字は昨年の台風19号を報じるニュースのテロップ。台風が関東を襲ったのは昨年10月で展覧会の設営中のこと。

作家はニュースの文字を流すことで被災地とのかかわりを作ろうとしている。

ちなみにここまでの説明は展覧会では一切なされておらず、パンフレットにも記載されていない。では何故記事化できるのかというと、前述の通りエルメスフォーラムの学芸員さん達に聞いたからである。

どの方にも質問に的確に答えていただき、作家が作品に込めた想いや裏話などを知ることができた。

現代美術は見ただけでは理解できないものが多い。本展覧会には他にも様々な作品が展示されている。疑問があれば恥ずかしがらず学芸員さんに聞いてみることをお勧めする。

この展覧会は、どの作品からも深く詩的な感覚と共感・発見を得られた素晴らしい体験となった。

会期はあと2日間しかないが、ぜひ体験すべきだと思う。

「みえないかかわり」イズマイル・バリー展 13日月曜日まで
Invisible Concern by Ismaïl Bahri Le Forum

2019.10.18(金)~ 2020.1.13(月・祝)
月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日 11:00~19:00(最終入場は18:30まで)

入場料:無料
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階 TEL: 03-3569-3300)

https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/forum/191018/

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2018-11-07)
売り上げランキング: 1,617

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. マンガ『広告亭日乗 #004 夫の趣味』
  2. PalmBeatがNYADCとONE SHOWを受賞!
  3. TVC163 象印マホービン / 炎舞炊き / 炎の舞
  4. オスプレイが翔ぶ!そして舞う!衝撃の横田基地日米友好祭2018に行ってきました。…
  5. マンガ『広告亭日乗 #006 ニャーグルホーム』

関連記事

  1. グルメ

    第15回タイフェスティバル@代々木公園に行ってきました。

    昨年に引き続き、第15回タイフェスティバル@代々木公園に行ってきま…

  2. ブログ

    編集者対談:『もうコピーライターはいらない?〜これからのコピーライターのあり方』参加者募集!

    のっけからなんですが、募集と言っても一般向けではなく、東京コピーラ…

  3. ブログ

    Amazon.comとAmazon.co.jpのkindleストアライブラリを結合してみた。

    日本語版Kindleが正式発表になって急に電子書籍周辺が騒がしくなっ…

  4. ブログ

    新しい動画配信が始まる。ワーナー・オンデマンド

    「新しい動画配信の形 ワーナー・オンデマンド ブロガーミーティング」に…

  5. ブログ

    人生初のDSソフト

    イマドキ英語の勉強も文明の利器を使わんテはないでしょ、ということで学…

  6. アート

    写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。

    この年末、千葉市美術館で開催された「目 非常にはっきりとわからない…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    ガリ☆ナイト2012、盛況のうちに終了しました。
  2. TVC

    TVC101 Pfizer / Pfizer / Unhealthy
  3. galliano

    ブログ

    10月24日のつぶやき 西村佳哲さんと西堀晋さんの対談〜世界のCMフェスティバル…
  4. ブログ

    第3回ガリ☆セミナー終了!
  5. ブログ

    再び、ビーコンから電通へ。
PAGE TOP