galliano

ブログ

GTRデザイン更新中


見てすぐおわかりのとおり、ブログデザインの更新中です。でもなかなかしっくりいかないんだなこれが…完成にはまだまだ時間がかかりそうです。さて今日はやっとSmapアテレコCM全タイプを見ることができました。ってサイトに行けば誰でもすぐ見られるんですけど… 見た感想は…さすがです。毎回ハードルを上げ続けて来た土壌のうえに、今回の表現が生まれたことがわかります。ホットペッパーCMが世の中に認知されてるからこそ可能になっている乱暴…というか激しい表現もありますね。

ホットペッパーSmapアテレコCMサイト

さてこのシリーズの面白さは、宴会などの場で普段交わされているような会話と宴会とは全く関係ない映像とを絶妙なバランスで組み合わせた所だと思います。すなわち、普通の会話をこれまでに存在していなかったスタイルで表現している。だから誰もが簡単に理解できるCMなのに、脳に強くインプットされる。そして会話と映像の接着剤は、独特のイントネーションを持つY先輩の声。このスタイル全体がすでに勝利の方程式になってるんですよね。わたくしも方程式をひとつ持っていたのですが先日取り上げられてしまい、いまだ次のネタが見つかってません。あぁ困った困った。

ちなみに上の「誰もが理解できるモノなのに独特のスタイルで表現されているから脳に強くインプットされる」という方程式を、アートの世界でも最近発見しました。それは7月2日まで東京都現代美術館で開催されていたカルティエ現代美術財団コレクション展の出品作の一つ、ライザ・ルーによる「裏庭」です。15m×18mの大きなサイズで作られた原寸大の裏庭は、草や木や花、ピクニックテーブルからその上に置かれたサンドイッチから、その全てがガラスビーズによって作られていました。何人ものボランティアが参加しても完成までに2年かかったという気が遠くなるような作業を経て、誰もが見た事があるような景色が異質なモノとして眼前に迫って来ます。

カルティエ現代美術財団コレクション展サイト

(主な展示作品をクリックしてみてください)

景色の再構築がアートとして成立するのであれば、会話の再構築であるホットペッパーのCMシリーズもアートであると思うのですが、どうでしょうか。

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 復帰のご報告
  2. 世田谷区代田 M邸を訪問
  3. 退職と新会社設立のご挨拶
  4. えっ、帝国のテーマ日本語版っていくつもあるの?
  5. お弁当マンガがLEON.JPに掲載されました

関連記事

  1. ブログ

    shinzou.jp

    東京在住の作曲家・音楽プロデューサー、ニック・ウッド氏率いる音楽制…

  2. アート

    めったに見られないデザイナー達の原画をメモってきた。

    21_21DESIGN SIGHTで開催中の㊙︎展に行ってきた。ht…

  3. ブログ

    香港レポート#2 「審査が始まりました」

    メディアアワード2005、記念すべき審査第一日目。連続…

  4. ブログ

    Make: Tokyo Meeting 03

    雑誌「Make:&#12…

  5. ブログ

    映画「月に囚われた男」

    映画「月に囚われた男」鑑賞。非常に良くできたシリアスSF。脚本も良いし…

  6. ブログ

    Goods Press 2010年 02月号に取材記事掲載!

    ただいま発売中のGoods Press 2010年 2月号、iPhon…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. 広告亭日乗

    広告亭日乗

    マンガ『広告亭日乗 #001 動画企画の夢』
  2. ブログ

    【ホラ勉:2】キラーコンドーム
  3. ブログ

    2009 Oscars Interactive Photo Hunt!
  4. ブログ

    Amanita Design
  5. ブログ

    第3回ガリ☆セミナー終了!
PAGE TOP