ブログ

鉛筆物語(1)


11月26日からTwitterでお話を連載しています。タイトルは「#鉛筆物語」。場所はGalliano Inspirationsのアカウント@ginspiration_sにて。1日1回の不定時更新で、クリスマスイヴに最終回を迎えます。こちらに収録済みの1話から7話をアップします。続きは上記アカウントにてお楽しみください!

あるところに、一本の鉛筆がいました。

彼の持ち主は、ひとりの男の子。

毎日塾に通ういそがしい小学生です。

鉛筆のしごとは、勉強のためにはたらくこと。

文字を書いたり、円を描いたり、

四角を描いたり、計算をしたり。

鉛筆はまいにち、いっしょうけんめい

勉強のことだけを手伝ってきました。

ある日のことです。

男の子が家の階段をかけあがっているとき、

鉛筆がぽろりと落ちてしまいました。

ちゃぽん!

落ちた先は、金魚の住む水そうのなか。

「やぁ、お客さんだ」金魚が言いました。

「やぁ、こんにちは」鉛筆が言いました。

すいすいと泳ぐ金魚を見て、鉛筆が言いました。

「君は泳げるんだね」

「君も泳げるよ。知らなかったのかい?」

鉛筆は自分が動けることをはじめて知りました。

泳ぐのはかんたんではありません。

でも金魚がじょうずにおしえてくれたのと

いっしょうけんめい練習したので

だんだんとうまくなってきました。

すいすい、すいすい。

自由に泳げるようになってきました!

鉛筆は、金魚に泳ぎを教えてもらった

お礼として、水そうの石ころに

「ありがとう。鉛筆より」

という字を書いてあげました。

水そうの中から、壁に貼ってあるカレンダーが見えました。

その写真にはとてもきれいな景色が広がっていました。

「金魚さん、あれはどこの景色なの?すごくきれいだよ」

金魚は答えました。「あれは『海』だよ」

「『海』っていうんだ。きれいだな。行ってみたいなぁ」

(続く>鉛筆物語

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. お弁当マンガがLEON.JPに掲載されました
  2. 週末は芸術に染まる。
  3. 低コレステロール版『北海道フェアin代々木』の楽しみ方
  4. マンガ『広告亭日乗 #006 ニャーグルホーム』
  5. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。

関連記事

  1. ブログ

    as real as it gets…

    これは新鮮!インドネシアのフォトショップのグラフィック広告だそう…

  2. ブログ

    オンド・マルトノMIDIコントローラーを電子工作コンテスト2012に応募しました。

    今年3回目を迎える『電子工作コンテスト 2012』に、今年制作した『オ…

  3. ブログ

    アディオス フェアウェル サヨナラ

    今夜はこの秋に亡くなった元上司のフェアウェルパーティー。彼の作…

  4. ブログ

    白い恐怖

    わたくし、死の危険を感じましたよ…是非その恐怖をみなさまにも感じ…

  5. グルメ

    北京四川料理の旅

    昨夜北京で食べた四川料理についてメモ代わりに写真をアップ。『四川料理は…

  6. ブログ

    Kindle Fire HDを触りましたっ!

    皆さん、これがKindle Fire HDです。同僚がヤフオクで入手し…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    Craftwife + KURONOZ
  2. ブログ

    Kindle Fire HDを触りましたっ!
  3. ブログ

    iPhone用黒電話、ほぼ完成。
  4. Short Film

    The Art of Analog Computing
  5. グルメ

    北京海底撈火鍋の旅
PAGE TOP