ブログ

「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物」を見てきました。


ピクチャ 10



良い。

怪物表現やリアリティについていろいろと意見はあるだろうが、映画はやはりドラマなのだ。韓国の国民性からか、家族の愛情表現は多少過剰に見えるが、復讐劇としての主人公達の「動機」はしっかりと納得がいくように演出されている。韓国映画はどれも「動機」そして「ドラマ」、なによりも「人間」を大事にしている。この点において私は日本映画よりも韓国映画を強く信用している。

家族の絆を大事にする貴方にお勧めしたい。グエムルはかなり気持ち悪いけど。

▼グエムルオフィシャルサイト

http://www.guemuru.com/

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. マンガ『広告亭日乗 #004 夫の趣味』
  2. 今作っているもの。それはSTAR☆TABLE。果たして未来の宇宙開拓士たちはこの…
  3. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。
  4. 復帰のご報告
  5. 低コレステロール版『北海道フェアin代々木』の楽しみ方

関連記事

  1. ブログ

    Laser Theremin完成

    先日YouTubeでレーザーハープなるものを発見したんですが、それがま…

  2. ブログ

    Did you know?

    先日開催されたadtech New Yorkのセッションで上映…

  3. アート

    「みえないかかわり」イズマイル・バリー展に3回通ってしまった話

    銀座メゾンエルメスの「フォーラム」で開催されている「みえないかかわり…

  4. ブログ

    映画「月に囚われた男」

    映画「月に囚われた男」鑑賞。非常に良くできたシリアスSF。脚本も良いし…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    CEATEC JAPAN 2012に行って来ました。
  2. galliano

    ブログ

    スタートです。
  3. galliano

    ブログ

    ガリネタ20120926『iOS6の地図アプリは意外とスゴい』
  4. ブログ

    ガリネタ20120925『電通は新橋駅の上にありますウソ』
  5. Music Video

    Robot Boy
PAGE TOP