ブログ

ゴジラ予告編の音楽がアレな件について


先日新作映画ゴジラgodzillaの予告編が公開になりまして、ほんの数日で1000万回を超える再生数となってるんです。もう大ヒット確実じゃないですか。素晴らしすぎます。

でも、そのバックに聞こえる楽曲が、マニアだけにしか響かない、あの映画に使われた、アレなんですよ。

まずはトレーラーをご覧ください。


シビれる映像です。チラ見せここに極まれり。実に期待を盛り上げてくれます。ていうかデカ過ぎるよ、ゴジラ。

ところで音楽の事わかりました?

このゴジラ予告編のバックで流れているとっても不安を感じさせるコーラスは、現代音楽家リゲティLigeti György Sándorの作曲によるレクイエムRequiemから、『キリエKyrie』と呼ばれる曲です。キリエはラテン語で『主よ』を意味します。

えっ、まだわかりませんか?

実はこの楽曲、名作SF映画『2001年宇宙の旅 2001 A Space Odyssey』で使われたことで有名なのです。人類に知性を与えた『創造主の使い』としての存在、モノリスmonolithを象徴する楽曲で、映画の中でも数回使われていました。

この特徴的な楽曲が予告編に使われた事で、製作陣がゴジラを単なる怪獣ではなく『世に裁きを与える主の使いである』と観客に思わせようとしている事がわかります。実にキリスト教的ですね。

そういえばゴジラの英題名は昔からgodzillaでした。最初の3文字はなんでしょう?

さて、この『キリエ』がゴジラの本編で使われるかどうかは、公開の時まで皆さんちょっと覚えておいても良いかもしれません。僕は本編には使われない方に賭けます。予告編を盛り上げるために、実際のサウンドトラックとは関係ない曲を使う事ってありがちなんですよ。

えっ、ソースを見せろって? じゃぁこれをどうぞ。

上は映画『ザ・ビーチ』のトレイラーで、ここで使われているのは皆さんご存知のMobyによるPorcelainですね。でも本編でPorcelainは全く使われておりません。ガリ確認済みです。

というわけで今日も無駄な知識にお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 週末は芸術に染まる。
  2. えっ、帝国のテーマ日本語版っていくつもあるの?
  3. 低コレステロール版『北海道フェアin代々木』の楽しみ方
  4. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。
  5. マンガ『広告亭日乗 #006 ニャーグルホーム』

関連記事

  1. ブログ

    Plaisu Exhibition 2009のお知らせ

    昨年デザインした椅子「Charlotte」に引き続き、今年もCO2…

  2. ブログ

    寒すぎます。

    記録的な寒波の襲来で、寒さが肌に突き刺さります。一昨日の昼間はポカポ…

  3. ブログ

    突然ですが、自動二輪の免許とります。

    二子玉川にて自動二輪の教習が始まりました。鉄の馬とはこのことかっ‼ な…

  4. ブログ

    Nuit Blanche Bruxelles

    キャン&#12…

  5. ブログ

    Evernoteの名刺ノートが編集できないっ!

    Evernote Web版のノート編集画面に鍵マークが出てきて、ノート…

  6. ブログ

    ガリネタ20120913『iPhone5狂奏曲』

    iPhone5が発表になりましたが、今日はそのニュースでネット界は騒然…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. TVC

    TVC160 Apple / Holiday / Misunderstood
  2. ブログ

    突如、間違い探し
  3. ブログ

    Star Wars Gangsta Rap Special Edition
  4. ブログ

    映画「月に囚われた男」
  5. ブログ

    ガリネタ20121013『有名ブランドロゴの変遷+Evernoteの紹介、他』
PAGE TOP