ブログ

ゴジラ予告編の音楽がアレな件について


先日新作映画ゴジラgodzillaの予告編が公開になりまして、ほんの数日で1000万回を超える再生数となってるんです。もう大ヒット確実じゃないですか。素晴らしすぎます。

でも、そのバックに聞こえる楽曲が、マニアだけにしか響かない、あの映画に使われた、アレなんですよ。

まずはトレーラーをご覧ください。


シビれる映像です。チラ見せここに極まれり。実に期待を盛り上げてくれます。ていうかデカ過ぎるよ、ゴジラ。

ところで音楽の事わかりました?

このゴジラ予告編のバックで流れているとっても不安を感じさせるコーラスは、現代音楽家リゲティLigeti György Sándorの作曲によるレクイエムRequiemから、『キリエKyrie』と呼ばれる曲です。キリエはラテン語で『主よ』を意味します。

えっ、まだわかりませんか?

実はこの楽曲、名作SF映画『2001年宇宙の旅 2001 A Space Odyssey』で使われたことで有名なのです。人類に知性を与えた『創造主の使い』としての存在、モノリスmonolithを象徴する楽曲で、映画の中でも数回使われていました。

この特徴的な楽曲が予告編に使われた事で、製作陣がゴジラを単なる怪獣ではなく『世に裁きを与える主の使いである』と観客に思わせようとしている事がわかります。実にキリスト教的ですね。

そういえばゴジラの英題名は昔からgodzillaでした。最初の3文字はなんでしょう?

さて、この『キリエ』がゴジラの本編で使われるかどうかは、公開の時まで皆さんちょっと覚えておいても良いかもしれません。僕は本編には使われない方に賭けます。予告編を盛り上げるために、実際のサウンドトラックとは関係ない曲を使う事ってありがちなんですよ。

えっ、ソースを見せろって? じゃぁこれをどうぞ。

上は映画『ザ・ビーチ』のトレイラーで、ここで使われているのは皆さんご存知のMobyによるPorcelainですね。でも本編でPorcelainは全く使われておりません。ガリ確認済みです。

というわけで今日も無駄な知識にお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. マンガ『広告亭日乗 #006 ニャーグルホーム』
  2. PalmBeatがNYADCとONE SHOWを受賞!
  3. 今作っているもの。それはSTAR☆TABLE。果たして未来の宇宙開拓士たちはこの…
  4. 週末は芸術に染まる。
  5. 低コレステロール版『北海道フェアin代々木』の楽しみ方

関連記事

  1. ブログ

    香港レポート#1「到着しました」

    さて香港に到着しました!初の香港は想像を遙かに超えた大スケール…

  2. ブログ

    メンターム薬用リップスティックミニの修理

    メンターム薬用リップスティックミニが好きなんです。秋冬はこれ無くしては…

  3. ブログ

    ギャラクティカサイトに登場

    「ギャラクティカ」ファンとしてオフィシャルサイトに登場。庵野秀明さん、…

  4. galliano

    ブログ

    ガリネタ20120927『当ブログは明和電機さんを激しく応援します。』

    明和電機さんが20年で描きためたアイデアスケッチ5000枚をウェブで公…

  5. ブログ

    Baby Doll The Party

    某月某日、友人のBaby Doll店長、緑川みらのさん主催の『Bab…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. TVC

    TVC128 P&G / Old Spice / The man yo…
  2. TVC

    TVC120 Guiness / Brand / Bring It To Lif…
  3. TVC

    TVC048 ホンダ / 企業 / 「ユメ ノ チカラ」
  4. ブログ

    Climbling Attack to Fuji-san
  5. ブログ

    Windows and Applen展
PAGE TOP