TVC

TVC068 ホンダ / シビック / 「聖歌隊」


Honda Choir 14 01 06

TVC068:

“Choir”

by Wieden + Kennedy London

for Honda UK


ビデオポッドキャスティングのネタを探してたらこんなCMを見つけました。

1月にはウェブ上で公開されていたようなので知ってる人も多いかも知れませんが…

普通の映像に、いままでに聞いたことのない新鮮な音で新しさを加えている。

CMの中の要素を、ひとつ普通じゃなくするだけでCMアイデアが成立するという

好例です。公開から2週間で100万回再生されたというのも頷けます。

このCMなら、TVで数回しかオンエアしなくても、

あるいはTVでオンエアしなくても他のメディアで紹介される可能性が高い。

おおきな話題を作り出し、ウェブサイトの集客力を高めることにも成功している。

このCMについて、ワイデンアンドケネディのクリエーティブディレクターはこう解説しています。

「新しいシビックには運転のフィーリングの全てが備わっています。一方、音楽とはフィーリングこそが全てです。だからこそ我々は、聖歌隊が運転を『歌う』ことが、人間の感情を驚くほど強く高ぶらせるだろう、と考えました。このCMが目指したのは、大きな音や、速そうな音や、パワーを感じる音を活用するだけではなく、もっと些細な音、すなわちパワーウィンドウが締まる音や、ボールペンが転がる音などによって、運転というヒューマンな体験の新しい表現方法を発見することでした。この感覚は今まで誰も語ってきませんでしたが、誰もが普段感じている事なんです。」ガリ意訳 UKの自動車サイトより

このコメントには『うなずく力』がありますね。

聖歌隊は60人。120秒タイプからオンエアし始め、その後60秒、40秒と短縮版が放送されました。インターネットでも同時にキャンペーンのサポートが開始され、プリント媒体では全国紙と自動車関係の雑誌などに広告が掲載されました。撮影はスペインとイギリスの両方で行われています。

ビデオポッドキャスティング用の映像については

iTunesで検索すれば出てきます。

ホンダUKのシビックサイトからもDLできます。

【CMアイデアカテゴリー】



立派な状況の中でくだらない事をする+説明する+なりきる

“Choir” (120″,60″,40″)

client : Honda UK

agency : Wieden + Kennedy London

creative director : Kim Papworth

director : Antoine Bardou-Jacquet at Partizan

Market :UK

year :2006

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 低コレステロール版『北海道フェアin代々木』の楽しみ方
  2. TVC163 象印マホービン / 炎舞炊き / 炎の舞
  3. 写真に残せない「非常にはっきりとわからない展」を絵で表現してみる。
  4. マンガ『広告亭日乗 #006 ニャーグルホーム』
  5. オスプレイが翔ぶ!そして舞う!衝撃の横田基地日米友好祭2018に行ってきました。…

関連記事

  1. TVC

    TVC123 BBC / Vancouver 2010 Winter Olympics / Inui…

    盛り上がっているバンクーバーオリンピックですが、今日ご紹介す…

  2. TVC076 LYNX / ブランド / 「LYNXjet」

    TVC

    TVC076 LYNX / ブランド / 「LYNXjet」

    みなさん、プリンセスハートというお店をご存じでしょうか。そ…

  3. TVC

    TVC061 ミラー/ミラードラフト/「坂道」

    TVC061:"Downhill"by MOTHER, Lon…

  4. TVC

    TVC141 Honda / CBR 1000RR

    週末の終わりなので、久しぶりにちょっとアダルトなCMをご紹介。魅力的な…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    【告知】多摩美術大学で特別講義を行います。
  2. ブログ

    アディオス フェアウェル サヨナラ
  3. ブログ

    レイザーラモンゲーム
  4. ブログ

    Happy New Year !
  5. グルメ

    東京ベジフードフェスタに行って来ました!
PAGE TOP