Short Film

TVC162 Wilkinson Sword / Brand / Swordplay


Wilkinson Sword ウィルキンソンソード 両刃替刃 50個入り (5 x 10) [並行輸入品]
ウィルキンソンソード
売り上げランキング: 90,222

明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

…ってもう4月ですがっ!桜も散りかけてますがっ!

いやー昨年末から無茶苦茶忙しかった。土日も無いような日が続き、情報収集もロクに出来ないまま時間が過ぎていたのですが、今日(金曜日)は代休とっちゃったもんね!

というわけで久しぶりのアップ。髭剃り製品で知られるウィルキンソンソードのCMをご紹介。ちょっとだけ、アダルト系です。

あっそうだ、このブログは今年で10周年なんです。皆様のご愛顧と細々としたアフィリエイトで運営しております。いいね!とかツイートとか、諸々ご反応のほど、宜しくお願い致します。

最後に出てくるForeplayの意味は、前戯です(きゃっ)。だから『FOREPLAY MEETS SWORDPLAY』ってのは『<前戯>と<遊戯(刃戯?)>が出逢ったら』って感じでしょうか。Play繋がりの言葉遊び、ダジャレですね。そしてこれは、CM全体のタイトルと言えるでしょう。

タグラインは『FREE YOUR SKIN(肌を露出せよ)』で、こちらはストーリー展開のコンセプトになっています。英語らしい言葉遣いや定義付けの構造が気持ちいいですね。

というわけで、CMが伝えようとしているメッセージは『刃物を使って(←遊戯)肌を露出して(←髭を剃って)前戯に臨みましょう』ということです。シンプルで良い!

また、描かれている決闘スタイルは、ウィルキンソンソードが英国陸軍御用達の長剣製造業者として243年前に誕生した歴史も表現しているそうです。

とはいえ、それで前戯を表現するって、これはトップダウンじゃないと通らない企画でしょうね。案を下から上に順に上げていく日本的意思決定システムでは到底実現しませんわなぁ。ふぅ。

CMアイデアカテゴリは「理由のある狂った行動」「置き換える・例える」「アダルト」とします。

▼DUELでググッてたらスピルバーグのデビュー作『激突!』が出てきました。これ名作なので宣伝会議の生徒の皆さんは必ずレンタルして見るように。90分ですぐ終わります。

激突!スペシャル・エディション [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-04-13)
売り上げランキング: 2,915

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. 弊社専属自宅警備猫シューに関するご報告
  2. 週末は芸術に染まる。
  3. ガリ☆ナイト2018「STAR☆CANTINA」のお知らせ
  4. 世田谷区代田 M邸を訪問
  5. 令和時計

関連記事

  1. TVC

    TVC140 Andes Beer / Brand / A Singular Man

    アンデスビールはアルゼンチンのビールで、『Teletransporte…

  2. TVC

    TVC157 EE / 4GEE / Jamie Oliver and Kevin Bacon | …

    『ダジャレ禁止』。コレは或る公募広告賞の応募者向けメッセージとして最近…

  3. Short Film

    Richard Hammond presents Bloody Omaha

    今日は当ブログGTRの読者BENさんの投稿を掲載したいと思いま…

  4. TVC

    TVC075 Travelers Insurance / 企業 / 「Snowball」

    TVC075:"Snowball"by Fallonfor T…

  5. Short Film

    This one time..

    This one time... from nelson …

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. ブログ

    ガリネタ20121008『マイケルスーダラ節+高橋メソッド他』
  2. ブログ

    Pure Attraction / Mercedes Benz / E-clas…
  3. ブログ

    iPod分解+バッテリーのリフレッシュ作業
  4. galliano

    ブログ

    ガリネタ20120927『当ブログは明和電機さんを激しく応援します。』
  5. テクノロジー

    The Fun Theory / Piano stairs
PAGE TOP