TVC

TVC043 ナイキ / ナイキラボ / 「蟹」


ピクチャ 3-1TVC043:

“Crab”

by Wieden + Kennedy, Portland

for Nike

【CMストーリー】

街の空き地にて。突如マンホールから蟹のような機械生物が2体現れる。履いているのはナイキのシューズ。向かいあった彼らは、何やら気合いの入った戦いをスタートして…

【コピー】

NIKELAB.COM

【CMアイデアカテゴリーと解説】

あり得ない映像をリアルに作る+擬人化する

Hi1

わたくしが小学生のころ、学研から「メカモ」という組み立て式ロボットのシリーズが発売されてました。その中でも尺取り虫の形をしたロボットが好きで親にねだって買ってもらった記憶があります。うれしいことにそのロボットは、約30年の時を経て、当時とほぼ同じの、こういう形で最近再販されました。邪魔になるんで買ってませんがやっぱり欲しい…(笑)

さて今回のCMの主役は蟹型ロボットです。彼らがナイキのシューズを履いて、空き地でサッカーしてます。他には何もないシンプルなCM。では、この広告の目的は何なのでしょうか…さっぱりわかりません。ナイキラボっていうぐらいだから、「ナイキのシューズは未来的な研究所で最新テクノロジーを使って設計されています」というメッセージを伝えようとしているのでしょうか。あるいはTV番組のオープニング映像なのか。

もしかすると、これらのロボットはラボで研究用に作られたモノだ、という設定なのかも知れませんね。ある日彼らは研究所でテストされる日々に飽きてしまい、もっと遊びたいがためにラボを逃げ出して下水道の中で生活を始めたのでしょう。…なんて夢想してしまいます。しかしこんなストーリーを示唆するような演出は全くありませんね(笑)でも、ロボット好きのわたくしにとって、この映像が無条件にかっこいいのは事実。

ま、メッセージがよくわからないので、アイデアカテゴリーはあり得ない映像をリアルに作る+擬人化するなど、単なる表現アイデアレベルでしかくくれませんでしたよ…これがCMだとすると、よくゴー出しましたね。ナイキ。

ふと思ったのですが、日本ってロボット大国とかよく新聞に書いてあるし、浦沢直樹さんの「PLUTO」なんてマンガ大賞をとったりしてるのですが、魅力的なロボットがCMに出るようなことはほとんどありませんね…ロボットといえばアトムとガンダムあたりで想像力が止まっているような気もします。よし、近い将来にロボット企画を出してみようっと。センス・オブ・ワンダーが溢れるような企画を。

1クリック毎に元気が出ます!

 人気blogランキング

“Crab”

Agency: Wieden + Kennedy, Portland

Advertiser: Nike

Production: The Embassy Visual Effects Inc.

Length: 40 seconds

記事が気に入ったら
Galliano's TVC Review!を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

【海外CM・映像アーカイブ】
Galliano's TVC Review!

ピックアップ記事

  1. えっ、帝国のテーマ日本語版っていくつもあるの?
  2. 今作っているもの。それはSTAR☆TABLE。果たして未来の宇宙開拓士たちはこの…
  3. PalmBeatがNYADCとONE SHOWを受賞!
  4. 低コレステロール版『北海道フェアin代々木』の楽しみ方
  5. 世田谷区代田 M邸を訪問

関連記事

  1. TVC

    TVC073 Buenos Aires Zoo / 企業 / 「Together」

    TVC073:"Together"by Leo Burnett …

  2. TVC

    TVC125 Dulux / Brand / Walls

    先日知り合ったウジトモコさんのブログからのご紹介。Dulu…

  3. TVC

    TVC109 PERRIER / PERRIER / Melting

    ペリエのフランスのキャンペーン。暑くてたまらん状況を映像で表現す…

  4. TVC

    TVC055 レクサス / RX400h / 「新構想」

    TVC055:"Brainchild"by Saatchi &#…

Twitter でフォロー

過去記事一覧

  1. TVC

    TVC118 Samsung / Mobile Explorers
  2. ブログ

    “Apple of My Eye” – an…
  3. Music Video

    Nine Inch Nails – ONLY
  4. ブログ

    初のイスタンブールへ
  5. 広告事例

    NIKE iD REALCITY.
PAGE TOP